忍者ブログ
読みは「うじろぐ」。ご利用は自己責任で。忍者ブログにも広告が出るようになって残念。
[333] [328] [324] [314] [309] [308] [293] [292] [278] [277] [268]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんな問題を考えてみる。
地球の赤道上にそってひもを巻いてみた。
その長さを仮にLメートルとする。
このLを1メートルだけ長くして土星の輪のように均等に浮かばせる。
このとき地面から何センチくらい浮かぶだろうか?
でっかい地球でそんなことしても
1センチも浮かばない気がするがとりあえず計算してみよう。

めんどうなので地球の半径をrメートルとする。
すると初めに巻いたひもの長さLは直径×円周率で
L=2×r×π
浮かばせた輪の長さはL+1なので
その半径をRメートルとすると
L+1=2×R×π
浮かぶ高さはRからrを引けば求まる。
先の2式を変形すると
r=L/(2π)
R=(L+1)/(2π)
よって浮かぶ高さは
R-r=1/(2π)
これを計算してみると大体0.16、
つまり16センチほど浮かぶことになる。

16センチ、案外浮かんだ。
しかし、よく見るとこれが地球でなくとも成り立つことが分かる。
↑ではrを地球の半径として考えたが
これらの式はrがピンポン球の半径であったとしても成立するのだ。
なかなか興味深い結果ではなかろうか?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 氏ログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]